メールでのお問い合わせ
霊園情報

霊園情報

北海道中央霊園

雄大な景色・日本有数のスケール

北海道中央霊園は125ヘクタールという広大な敷地の中にあり、陽光降り注ぐ風さわやかで緑豊かな高台にあります。
眼下に広がる雄大な石狩平野の眺望は美しく、思わず深呼吸の背伸びをしたくなる程です。また、白くそびえるシンボルタワーは遠くの街々からも見ることができ、訪れる人々にとっての目印ともなっています。
四季の移ろいに敏感な美しい木々の彩りを眺めながら、ご家族お揃いでおくつろぎ下さい。

霊園から一望のもとに見渡せる石狩平野は先人が不屈不撓の開拓魂で荒野を切り拓き、緑の沃野とした母なる大地です。
いま北海道に生きる私たちは、祖先を敬い故人を偲ぶ心のふれ合いの場所としてこの丘を切りひらき、緑豊かな大自然に囲まれた一大聖地をつくりました。
祖先、故人の霊に永遠の「やすらぎ」を捧げ、今を生きる人々が明日への活力を得るには、最もふさわしい場所であるといえます。

墓地・墓石価格表

標準墓地

墓地種類面積 墓地使用料 永代管理料 墓碑料 消費税 合計金額
A 5.2㎡ 364,000円 156,000円 580,000円 29,000円 1,129,000円
B 5.2㎡ 364,000円 156,000円 670,000円 33,500円 1,223,500円
C 5.2㎡ 364,000円 156,000円 820,000円 41,000円 1,381,000円
A 墓所は、基礎、五色砂利、彫刻料、供物台、風防ローソク立てを含みます。
B 墓所は、基礎、五色砂利、彫刻料、供物台、踏石、風防ローソク立てを含みます。
C 墓所は、基礎、五色砂利、彫刻料、供物台、踏石、玉垣、風防ローソク立てを含みます。

平等墓地

墓地種類面積 墓地使用料 永代管理料 墓碑料 消費税 合計金額
4.0㎡ 280,000円 120,000円 820,000円 37,500円 1,187,500円
平等墓所は、基礎、五色砂利、彫刻料、供物台、踏石、玉垣、門柱、風防ローソク立てを含みます。

自由墓地

墓地種類面積 墓地使用料 永代管理料 墓碑料 消費税 合計金額
4.0㎡ 280,000円 120,000円     400,000円
5.2㎡ 364,000円 156,000円     520,000円
6.0㎡ 420,000円 180,000円     600,000円
8.0㎡ 560,000円 240,000円     800,000円
9.0㎡ 630,000円 270,000円     900,000円
10.4㎡ 728,000円 312,000円     1,040,000円
10.6㎡ 742,000円 318,000円     1,060,000円
12.0㎡ 840,000円 360,000円     1,200,000円
16.0㎡ 1,120,000円 480,000円     1,600,000円
20.8㎡ 1,456,000円 624,000円     2,080,000円
21.2㎡ 1,484,000円 636,000円     2,120,000円
24.0㎡ 1,680,000円 720,000円     2,400,000円
25.0㎡ 1,750,000円 750,000円     2,500,000円

※墓碑は別途料金がかかりますが、お施主様の要望に合わせ自由に選択できます。また消費税は墓碑料等に5%を乗じた金額です。

北海道中央霊園案内図

大きな地図で見る

ページの先頭へ戻る

墓地の知識~霊園の種類

墓地の種類

墓地、霊園は埋葬法など法律に基づき勝手に埋葬することが出来ません。墓地には都道府県や 市町村が管理する「公営墓地」と、宗教法人や公益法人が経営管理する「民間墓地」とがあり ます。

霊園の経営形態による区分表

仏教にこだわらず、また供養に重きを置かないのであれば、忌明けとか三目忌などにこだわることもありません。
埋葬の期限が決められていない場合には、埋葬や建墓の時期も自由です。
境界石などが設置されていない場合には、早めに外柵や境界石を設置したり、何らかの墓標を建てておいたほうがよいでしょう。

区 分 公営墓地 市町村など 民間霊園 寺院墓地
管理者 地方自治体 財団法人 寺 院
宗教・信条 問わない 問わない 寺院の檀家
永代使用料・管理料 比較的に安価 比較的に高価 立地条件などで異なる
お申し込み 抽 選 随時受付 あき状況の確認が必要
石材店 指定なし 指定業者あり 指定業者あり
墓石のデザイン 自 由 自 由 自由にデザインを選ぶ事は難しい
メリット 自治体の経営なので
安定している。
  購入の資格条件が自由、 立地や区画の大きさを選ぶ事が出来る。 寺院境内にある墓所のため日々読経供養してもらえ管理面でも安心です。
注意事項 自治体の住民である事、埋葬する遺骨がある事が応募の条件 宗教法人が運営の母体の場合、霊園での祭祀は宗教法人の宗旨にしたがわなければならない事があります。 宗教法人が経営する寺院墓地でお墓を建てる場合はその寺院の檀家信徒にならなくてはいけません 。

墓地の知識~永代使用料、管理料とは

永代使用料と管理料

永代使用料

永代使用料とは、お墓を建てる土地を使用する権利の取得のための費用を言い、永代にわたって使用する事が出来ます。継承者が変わっても名義変更の手続きで使用出来ます。 永代使用料は墓地の取得時に使用料金を納入いたします。
※お墓の改葬(移転撤去)などで墓地を返還しても永代使用料の払い戻しはされません。また、不動産の様に土地を所有するわけではないので永代使用料を第三者に貸与したり売却することも出来ません。

管理料

管理料とは、使用する区画や墓地内の共有部分の維持、運営管理するための費用です。 民間の霊園では定期的に支払う義務が生じます。
※長期間にわたり管理費を滞納したり継続者が不在になった場合永代使用権が取り消される事があります。
●古い墓地(公営)などで、墓石の設置を義務付けられていない場合でも、管理上区画を明確にする必要があります。
  役所立会いのもと区画出しをし、外柵や境界石の設置をおすすめいたします。

ページの先頭へ戻る