メールでのお問い合わせ
お墓の知識

お墓の知識

お墓は建てることに意味があるのではなく、お参りを続けることにこそ意味があります。 そのためにも、交通の便が良く、できれば住居から近い所が望ましいのです。

墓地の知識~イントロダクション

お墓とは

今から5~6万年前、人類の祖先といわれるネアンデルタール人は当時の氷河期という厳しい生活環境にもかかわらず人の死を悼み、丁寧に埋葬を行なっていました。墓の上には、たくさんの花を捧げたことも考古学上、明らかになっています。
人類は太古の時代から現代にいたるまでさまざまな形で死者の埋葬を行ってきました。これは地球上のあらゆる民族にみられる宗教的な文化現象なのです。最愛の人を亡くした後、故人の冥福を祈りご供養いたします。
お墓は、残されたご家族が故人との接点を感じ、やがて悲しみを癒していく場所なのです。
お墓とは、人としての心を造形した人類の大切な遺産なのです。

日本のお墓の歴史

日本においてのお墓の歴史は、旧石器時代に土に穴を掘って遺体を埋めるという簡単なものから始まりました。
縄文時代からすでに死者を埋葬し、お墓を造る慣習がありました。弥生時代に入ると身分の高い者は木棺や石棺などで埋葬され、身分の格差がお墓の形にも影響を与えていることがわかっています。古墳時代、大王や貴族などの権力者は、お墓を巨大化し自らの権力を誇示するため古墳を造るようになりました。
鎌倉時代後期から室町時代にかけて中国から位牌と戒名が禅宗によって伝えられます。現在のお墓の形はこの位牌が原型とされています。江戸時代になると徳川幕府はキリスト教を弾圧、排除するために「檀家制度」が制定され、全ての日本人がお寺の檀家として所属させられました。これ以降人々は先祖供養や葬儀、お墓などの仏事が生活の中に根付いていきます。明治時代、国の基本が「家制度」だった為、家単位のお墓が建てられるようになります。これまでの墓石は、個人や夫婦を対象として、故人の戒名(法名)を正面に彫っていましたが、“○○家墓”“○○家代々の墓”などのような形で祀るようになります。戦後、民法改正により「家制度」は崩壊、核家族化は進み個人主義が浸透している現代の日本。お墓に対する考え方や意識も変化してきています。宗教にとらわれない自由なスタイルのお墓や好きな言葉や詩を刻みメッセージを込めたモニュメントとしてのお墓を求める方が増えてきています。

基礎知識

お墓はいろいろな部分から成り立っています。皆さんはどれだけお墓のこと、知っていますか?

墓所の名称

拝石 敷砂利 地蔵 灯篭 墓誌 外柵 香炉・花立・水鉢 供物台 石塔

石 塔
日本のお墓の伝統的な型。文字を刻むお墓の本体です。墓碑ともいいます。
細かくは「棹石」「上台」「中台」「下台」「芝石」という部分で構成されています。
 
 
香炉・花立・水鉢
香炉は線香を供えるためのもので、くりぬき部分に寝かせます。線香を立てるタイプのものは香立と言います。花立には花を立てますが、日蓮宗では樒(しきみ)の枝を、神道では榊(さかき)の枝を立てます。水鉢は、故人と墓参者を結ぶ「いのちの水」を湛える(たたえる)ために用意されています。
 
 
供物台
お供え物を置く台として使用します。自然石や経机型などがあります。
 
 
拝 石
お墓の入り口と墓石を結ぶ通路になるのが敷石です。敷石は敷板石、縁石とも呼ばれます。
墓石の手前には一回り大きい拝石を埋めます。
 
 
地 蔵
本来は「お墓」の意味を持つ石仏として、阿弥陀如来や、観音菩薩の尊像を浮き彫りにしたり、丸仏として供養していました。
最近では水子地蔵などと呼ばれ、幼い子供の霊を祀る(戒名のつかない)お墓としてお墓の本体とは別に作られるようになりました。つまり、子供を悪い病や、禍から除き、幸世を祈るものとして建立されています。
 
 
墓 誌
戒名・俗名・死亡年月日・行年などを刻む石で、亡くなった順に右側より刻んでいきます。
霊標、戒名版、法名碑などとも呼ばれます。単独墓では、故人の作った詩や楽譜を彫刻する場合もあります。
 
 
外 柵
墓地そのものは浄土であり、祖先や亡くなった方の魂が眠る聖地です。
お墓を中心としたまわりには、家の塀と同じ様な意味で隣接する境をはっきりするために外柵が設けられています。
入り口を設けたもの、高さ数10センチの舞台式、階段式などがあります。門柱や玉垣と呼ばれる外柵をつけた豪華なものもあります。
 
 
敷砂利
床に敷く装飾石です。雑草を防ぐ効果もあります。粒の大小、色などでいくつかの種類があります。
 
 
灯 篭
墓所全体に対しての献灯。天界より闇夜を照らすと言われています。
「火」は邪気を払うものとされています。灯をともさなくても、常時灯がついているのと同様の功徳があるとされています。
 

ページの先頭へ戻る

生前墓…生きているうちにお墓を建てるのは縁起が悪い?

生前に建立する墓を「寿陵」(じゅりょう)といいます。中国では古来より、生前にお墓を立てる事は長寿を願う大変縁起の良いこととされていました。秦の始皇帝をはじめ、歴代の皇帝が寿陵をたてていたことが知られています。日本でも聖徳太子や天皇家も寿陵を建てていたことが『日本書紀』や『徒然草』に記されています。仏教では寿陵のことを「逆修」(ぎゃくしゅう)といい生前に自らの冥福を祈り位牌や墓石を用意する行為は功の高い善行とされ、平安時代後期以降盛んになります。いずれも長寿を願う行為として行われていました。仏教には輪廻転生(死んであの世に還った魂が、この世に何度も生まれ変わる)の概念があります。生前に自分の墓所を用意して一度死に、更に新しい生を得ると考えたのでしょう。
最近では家族に負担をかけないとの配慮から、生前墓「寿陵」が一般的になってきました。生前に建墓することのメリットは、納得のいくお墓をじっくり考えて建てられることにあります。家族ともに相談しながらお墓づくりを楽しむことができるのは、生前墓「寿陵」ならではといえるでしょう。

生前墓『寿陵』のメリット

●自分の希望する場所、形や色でお墓を建てる事が出来る
●子供に負担をかける心配がない
●いざという時に慌てて準備する必要がない
●節税対策(不動産所得税、相続税、固定資産)「墓所、霊びょう及び祭具並びにこれらに準ずるもの」に関しては相続税は課税されないと定められています(相続税法12条)
つまり、お墓を作るための費用としてお金を相続すると相続税が課税されますが、すでに出来上がったお墓には課税されないということです。

お墓を建てる時期

お墓をいつまでに建てるといった決まり(法律)はありません。 一般的に遺骨がある場合、忌明け(三十五日、四十九日)や一周忌など親族の集まりやすい時に合わ せて建墓し法要と開眼供養を同時に済ませることが多いようです。 然しこれも一つの目安ですからご家族の気持ちの整理がついた時にお考えになってはいかがでしょう か。
※神式では五十日祭などに納骨をしたり、キリスト教式では月の命日や一年目の命日などに納骨する ことが多いようです。 墓地使用規則に建墓の期限があります。お墓の使用権取得後、何年以内に墓石を建てなければならな い、と決められている場合には守らなければなりません。

お墓に使う石

現在では、国産材よりは安価で安定的に供給される輸入材を使用される例も多くなって来ています。実に国内で使用される石材の90%は輸入材を使用しています。 墓石に使用する石の種類は国産の石で50種類以上、外国産の石は100種類以上あります。石の価格は品質はもちろんですが、むしろ産出量や色、柄など希少性で価格が決まることがあります

石材サンプルを見る

墓碑に刻む文字

墓碑に刻む文字は「〇〇家之墓」や「〇〇家先祖代々之墓」など家名を刻むのが一般的です。
宗派によっては「南無阿弥陀佛」や「南無妙法蓮華経」など刻む文字に決まりごとがあります。また真 言宗など五輪塔のお墓には梵字を刻みます。
最近は洋型やデザイン墓を建てる方が多くいらしゃいます。洋型やデザイン墓に刻む文字は特に決ま りはなく故人やお墓を建てる方のお好きな言葉を刻むと良いでしょう。

●墓誌に刻む文字…墓誌には故人の戒名(法名)、俗名、死亡年月日、死亡時の年齢(数え年)を刻みます。
●書体について…書体は楷書体、行書体、隷書体などあります。またオーダーで現代書家の毛筆を写し刻む事が出来ます。
●家紋について…家紋は家族同族家柄、地位を表す紋章で家族のシンボルです。日本固有の文化を大切にしたいものです。
●彫刻(花柄とレリーフ)…墓碑に文字だけでなく花柄やレリーフを彫刻する事ができます。無機質な石に華やかさを演出することができます。

洋型に刻む文字の事例集
慈愛 想い 感謝 安らぎ 倶会一処 悠久
静眠 永眠 ありがとう 羅臼岳よ 天元

お墓の移転(引越し)

住んでいる場所から実家のお墓まで遠くてなかなかお墓参りが出来ないなどの理由で、お墓の引越しをすることを改葬といいます。改葬は下記のような手続きが必要です。

■返環の手続き…改葬後、前の場所にあった墓石、基礎は解体後返環しなければなりません。
(1)お墓の撤去…石材店にお墓の撤去の依頼をいたします。
(2)返還届け…墓地使用許可証を持参の上、返還届けを管理者に届出いたします。
※わかりやすく簡単に表にいたしました。詳しくは市町村衛生課等にお問い合わせ下さい。

宗 派

六世紀の飛鳥時代、わが国に伝来した仏教は奈良時代の南都六宗呼ばれる学問としての仏教となり 生活、文化だけではなく政治的にも影響をあたえるようになりました。
唐で学んだ最澄(天台宗)、空海(真言宗)は平安仏教と呼ばれ密教の時代になりました。 鎌倉時代になると一遍、法然、親鸞、日蓮らがわが国独自の仏教を開き庶民にも定着するようにな りました。

系統 宗派 総本山 宗  祖 お墓に刻む文字
天台系 天台宗 延暦寺 最澄(伝教大師) 南無阿弥陀佛 又は梵字
真言系 真言宗 金剛峰寺 空海(弘法大師) 南無大師遍照金剛 又は梵字
禅宗系 曹洞宗 永平寺・総持寺 道元・螢山 南無釈迦無尼佛
臨済宗 妙心寺 栄 西
黄檗宗 万福寺 隠 元
浄土系 時 宗 遊行寺 一 遍 南無阿弥陀佛
浄土宗 知恩院 法 然
浄土真宗本願寺派 西本願寺 親 鸞
真宗大谷派 東本願寺
日蓮系 日蓮宗 久遠寺 日 蓮 南無妙法蓮華経

現在において一般的だと思われる宗派を一覧にしました。

ページの先頭へ戻る