メールでのお問い合わせ
お墓のリフォーム

お墓のリフォーム事例

事例その4

平成19年リフォーム

改築のポイント

お客様の声
長年連れ添った妻が亡くなり戒名彫りを石屋さんに依頼しました。
納骨までに気になっていたブロックの取替えと基礎コンクリートの補修が出来るならばお願いしようと見積を依頼。
次の世代にお墓をきれいにして渡したいという気持ちも前々からあり家族に相談したところ同意を得たので「何年でも綺麗に保つリフォーム」をお願いしました。
せっかくだから予定していた時期もずらしきれいになったお墓に無事納骨してあげました。
改修内容
・ブロック、基礎一部撤去
・石碑メンテナンス工場にてクリニック後再び設置
・基礎コンクリート上塗り
・門型外柵
・裏腰石工事
・五色砂利
・踏み石設置
・収納型供物台設置
・器具ステンレス取替え

お墓ディレクターから

左官工事だけでは数年毎に左官工事が必要ですし、また、基礎コンクリートの風化もあわせて目だってきますよ…とアドバイスいたしました。
基 礎を石で保護することも出来ますし、その際、大きく外観を変える事なく12平米の土間全体を石張りするといいですよと思いきってリフォームはいかがですかとおすすめしました。
むき出しだったコンクリートは石で覆うことになり、新しく建てた様な仕上がりにお客様も大変ご満足していただいた様子でした。

風化していた基礎コンクリートが隣、裏に接していたお墓にまで崩れていました。腰石を入れる事により耐久性のあるお墓が実現します。
花壇を埋める事によりお墓のお手入れがいっそう楽になります。
階段三段ながら明るく広々とした印象のこのタイプのリフォームはお求めやすくてお薦めのリフォームです。